家と草木のアトリエhausgras

家と草木のアトリエhausgras
ワーク・リポート 2022

施主・建主さんとのプランの打ち合わせ、スケッチ・模型・製図、土地探しのお手伝い、
着工した物件の現場監理と現場での打ち合わせの様子など、業務の一端をお伝えします。

地鎮祭を執り行いました

2022年7月20日


札幌市中央区の原始の森に繋がる敷地の地鎮祭を執り行いました。
当日は雲行きが怪しかったので、テントを張っていただきました。


北海道札幌市の敷地にて地鎮祭を執り行う

この土地の氏神様となる札幌 伏見稲荷神社に依頼し、女性神主さんによる儀式進行。


地鎮祭の鍬入れの儀

「鍬入れの儀」(くわいれのぎ)。
設計者が草を鎌で刈り、施主が盛砂に鍬入れ、施工者が鋤入れをします。


地鎮祭の玉串奉奠(たまぐしほうてん)

建設会社の社長さん・現場監督さん・大工棟梁がそろって「玉串奉奠」(たまぐしほうてん)。
今回は本来の榊(さかき)でした。

地鎮祭の鎌と鍬と鋤と榊の玉串

地鎮祭の鎮め物

基礎工事の際に、この土地の地中に鎮めてもらう「鎮物」(しずめもの)。

建築資材の高騰等の影響を受けて、ここに至るまでにかなり時間がかかりました。
来月中旬頃から、いよいよ新築工事が始まります。




ようやく契約となりました

2022年6月16日


札幌市中央区の原生林に接する土地の新築計画。
先日、工事請負契約をさせていただきました。
最初の工事見積書のご提示から、半年近くが経ちまして、ようやく。


工事請負契約書に押印する施主

昨今の建設資材工費の高騰・エネルギー高騰・円安など諸事情重なって、工事金額のボリュームが想定を超え・・・
減額案をご提案しましたが、それでも当初の建築予算からはほど遠く・・・
今回ばかりは、この新築計画が白紙になるかもしれない、と覚悟していました。

引き続き状況は厳しい中、実施することが決まりましたから、慎重に進めていきます。