家と草木のアトリエhausgras

ガレージ奥の趣味室のアラジンストーブ

「 雑木林によりそう家 」のガレージ奥の趣味室にて

雑木林によりそう家
ー 階段から1階とガレージの趣味室 ー

木・漆喰・鉄・真鍮・ガラス・レンガなど、信頼できて親しみある本物の素材に溢れた、シンプルな生活空間で暮らす。
自然を間近に感じられる室内で静かに安らかに本を読んだり音楽を聴いたり。さらに休日は野山を駆け回ったりもする。
この家で実現していることは、少し前までは普通だったこと。でも今は、それが贅沢で得がたいことなのかもしれない。

鉄のブラケットとガラスのオイルランプ豆電球仕様

階段の壁にそっと佇む、オイルランプ。
透明ガラスのシェードとオイルポットを鉄のフレームが支えています。
実際にはオイルを炊かない豆電球仕様ですが、懐かしく質実な雰囲気は同じ。

鉄丸鋼の手すりと階段とオイルランプ モノトーンな階段回り

鉄の階段手すり・漆喰の壁・濃い黒茶色の杉板張り階段に同化しているオイルランプ。

鉄の手すりと階段と真鍮ドアノブとチェッカーガラスの木製ドア

階段の1階上り口。
漆喰の白い壁に濃茶色の階段板と黒い鉄の手すりがシックな組み合わせです。
すぐ脇にある木製ドアには真鍮製のドアノブ、格子柄のレトロなガラスもあって落ち着いた感じ。

1階ホールと廊下

各室への入口が壁の凹みとなって並ぶ1階廊下。

廊下のダウンライトをつけてみる。

1階ホールと廊下に明かりが灯る

コーナーの革ランプ

コーナーに置かれた、シンプルな革張りのスクエアランプ。

玄関ホールと玄関土間と靴収納棚

玄関土間はL型で広め。
隣接しているガレージと繋がっていて、趣味のマウンテンバイクのメンテナンスもこの土間でできます。

玄関ホールに明かりが灯る

真鍮のツマミ スクエア 収納棚の扉

スクエアな真鍮製ツマミがついた靴収納。
棚の上はちょっとした飾り棚として。


木製カウンターの洗面

木製カウンターの洗面。

バスルームは全面が白いタイル貼りで、日本製の重厚な鋳物ホーロー浴槽を設置しました。
鋳物の浴槽に長めにつかると、遠赤外線効果で体の芯から温まれます。

白タイルはりのバスルームと鋳物ホーロー浴槽バスタブ

浴槽上につけた木製窓からは、雑木林の樹々が見える。


ガレージに置かれたダウンヒルバイク マウンテンバイク

ガレージは車だけではなく、趣味のマウンテンバイク(ダウンヒル用)が複数台と、
その備品のタイヤが数多く置けて、各種メンテナンスもできるるように広く高めにしてあります。

壁に掛けられたダウンヒルバイク マウンテンバイク

そしてその奥には、ちょっとした小上がりを設けて趣味コーナーになっています。
ガレージと小上がりコーナーは断熱材無しで気密化もしていないので、アラジンの開放型石油(灯油)ストーブも使用可能。

マウンテンバイクのある趣味室にアラジンストーブも