家と草木のアトリエhausgras

「 雑木林によりそう家 」の2階ウッドデッキにて

雑木林によりそう家  札幌 厚別区

札幌市営地下鉄駅から徒歩圏内でありながら、古来の自然地形と豊かな植生の雑木林のある公園に隣接している垂涎の土地。
2階は40畳ほどもある、ひと繋がりの広い空間で、雑木林に面したリビングダイニングで音楽を聴いたり本を読みつつ、
大きな連続窓越しに、雑木林の季節の移ろいや小動物の息づかいを間近に感じながら日々を過ごせる安らかなる家です。


住宅雑誌「Replan」(リプラン)
巻頭特集「冬を楽しむ」掲載記事より


雑木林によりそう家

自然の息吹を身近に感じながら暮らしたい。思いを募らせ、ついに巡り会ったこの土地。
札幌市営地下鉄駅から徒歩圏内の住宅地でありながら、古来の自然な地形と豊かな植生の雑木林を有する公園に隣接している。
私がこの土地を初めて見たのは12月に入ってから。雑木林の樹々の葉はすっかり落ちて、根雪の降る頃だった。
施主とプランを練っていた時間は、ちょうど雪のある季節と重なり、冬の暮らし、雪との関わりを話題にすることが多かったように思う。
「屋根から下ろした雪をためて、2階ウッドテラスから雑木林の斜面へ連続する雪のスロープを作って滑り降りてみたい!」
雪は遊び心をかき立てる。この何とも楽しげな施主のアイディアは早くも実現しそうだ。

雑木林の林床は、この土地より1メートル程高いのだが、2階をリビング・ダイニングにしたことで、そのことが活きた。
木立透しの視界抜けが最もよい高さとなり、積もりたての美しい雪景色を見渡すにも丁度よかった。
1階の屋根上に設けたウッドテラスは、まさに雑木林の展望台だ。
そしてもちろん、室内に居ながらも雑木林をより身近に感じられるように、窓を広く大きく付けることにした。
すると、断熱性能の高い窓ではあるが、冬に窓ガラスが冷やされて生じる冷輻射と冷気流は、それ相応の強さになるので対策が必須で、
この家の場合、リビング・ダイニングの連続窓の直下に同じ長さで、放熱量3500kcal/hの温水パネルヒーターを設置した。
愚直ではあるが、これに勝る窓の寒さ対策は無い。寒さの原因となる所に必要なだけの熱を補う。
そうすれば、過度に室温を上げることも空気を乱すことも無く、乾燥感の少ない平静な空気の室内で快適安心に過ごせるのだ。

また、この家にはいつも音楽が流れている。施主が収集したLP盤が約800枚、CDが約1000枚あり、
これらがリビング・ダイニングに居て取り出しやすく、ジ ャケットが日焼けしにくい場所に収納したいと特に望まれ、
天井まで伸びるコの字型の収納棚が、必然の結果としてこの家のコアになっている。
室内でより長い時を過ごす北国の冬。心温もる音楽は、何よりのパートナーであることだろう。

家と草木のアトリエhausgras
ハスイケシンヤ

長い冬の後、待ちに待った新緑の頃。眩しいほどの緑のシャワーです。
夏に涼むのは専ら、2階のウッドデッキにて。
この家で生まれたお子さんにとっても、ここはお気に入りの場所であることでしょう。
落葉の頃。樹々の葉が落ちると、室内へ入ってくる光が増えます。白い雪の積もる頃はもっと明るい。
この家での暮らしは、音楽も常に在るもののひとつ。
雪が積もる頃。静寂感が漂う白い雪が積もる雑木林を、そっと眺めながら過ごす日々。