家と草木のアトリエhausgras

白い陶器と壁付水栓とアンティークガラスの洗面回り

「 円山と折り重なる屋根の家 」の洗面回り

円山と折り重なる屋根の家3
ー キッチンと洗面 ー

カーポート・アプローチ屋根、1階片流れ屋根、2階切妻の屋根が折り重なった、奥行きのある落ち着いた佇まいの家。
1階2階とも東に向いた連続窓の先には、ちょうどよい距離感で札幌のシンボル 円山の優雅に横たう姿が眺められます。
また、北海道産の唐松(カラマツ)の無垢の板を木地色(生地色)のまま床と天井に張った広々と伸びやかな室内は、
漆喰塗りの白い壁と相まって健康的な明るさがあり、お子さんたちも元気に朗らかに日々過ごしておられるようです。

食器棚ガラス扉と木製カウンターと引き出しとステンレスカウンターと扉と引戸のキッチン造作家具

この家のキッチンは、シンクとコンロのラインがぺニンシュラ(半島型 片側が壁についている)。
長さが3.5メートル奥行きが90センチと広々としたステンレストップは、シンクとシームレス(継ぎ目の無い一体成型品)です。

キッチン周りの造作家具を横から 食器棚ガラス扉と木製カウンターと引き出しとステンレスカウンターと扉と引戸

その背後には、奥行き60センチの作業カウンターと壁付けの食器棚があって、作業スペース収納スペースともゆったり。

スポットライトをつけたキッチン

キッチン上の梁組みと暖房の温水配管 銅管露出配管

キッチン上部の梁組みを縫うように配管されている、セントラルヒーティングの温水が流れる銅管。

パントリー(食品庫)からキッチンをみる。

パントリー(食品収納庫)からキッチンをみる

キッチン回りの造作家具 ステンレスカウンターと木製カウンターと扉と引き戸と引き出し

ペニンシュラカウンターのダイニング側にも、細々したモノを納めておくための開戸と引戸付きの収納スペース。
この収納の有効奥行きは25センチほどしかありませんが、あると便利な所です。

開戸には真鍮のバー型ツマミ。引戸には真鍮の掘り込み引手。

キッチンカウンター下の収納扉の真鍮取手と真鍮引手

真鍮のハンドルと格子柄の型板ガラスレトロガラスの食器棚扉

壁付けの食器棚は、格子柄のレトロな型板ガラスを嵌め込んだ両開き扉が4組。
しっかりとした形の真鍮製ハンドルが付いています。

木製の作業カウンターの下は、引き出し収納になっています。

カウンター下の木製引出し(抽斗)


長さ1メートルの洗面陶器がある洗面回り

洗面回りの造作家具。
長さ(幅)が1メートルのイタリア製の洗面陶器に、壁埋め込み水栓を2個つけました。
余裕のあるスペースで、二人以上が同時に身繕いできます。

カタラーノ1メートル洗面陶器と壁埋め水栓とレトロガラスのあるオーダーメイドの洗面回り

壁いっぱいの長さの洗面鏡のそのすぐ上に、サイコロ型の乳白ガラスのブラケットライトを2個配置。

長い洗面陶器と壁埋め水栓とレトロな型板ガラスのある洗面回りのブラケットライトが灯る

いろいろなモノと造作意匠が混み合ってくるこういう所では、デザインと質感をさりげなくそこはかとなくさりげなく。

カタラーノの1メートルと長い洗面陶器と壁埋め水栓とアンティークガラスのある洗面のブラケットライトが灯る

洗面上の菱形の木枠にはめ込まれたアンティークガラス2種 モールとマダラ

1階の中央あたりにこの洗面スペースがあるので、外に面した窓がありません。
2階の窓からの光が、吹き抜けを通して届きそうだったので、洗面上部の壁に明かり取りのためのガラス窓を設けました。

特に午前中は、2階東側の連続窓からの光がよく届いて明るい。

洗面上部の明かり取りガラス窓からの光


洗面の出入口は上吊り引き戸で、昭和のレトロな型板ガラス「夜空」(よぞら)をはめ込みました。
夜空に瞬く星を模した柄を散りばめた、懐かしく和むガラスです。

昭和のレトロガラス夜空が入った引戸