家と草木のアトリエhausgras

赤レンガ積みと墨色板張りの外壁とヤマブキの黄葉

ヤマブキの黄葉に彩られる「 円山と神社山を望む家 」

円山と神社山を望む家
ー 窓の風景とレンガ積み板張り壁 ー

円山の西にある山合いの静かな住宅地に建てた、家と草木のアトリエ hausgrasの事務所兼自宅です。
1階は鉄筋コンクリート壁構造、2階は軸組木造の混構造。1階の外壁には赤レンガを積みました。
庭の草木と周囲の山々の四季折々の変化を身近に感じながら暮らし、行動思考のモトとなる場所。

真っ直ぐな階段をのぼった先に見える窓と山の緑と空の青

2階の窓へと真っ直ぐに伸びる階段。
この家は、このシーンをメインに据えることでプランが決まりました。

2階の窓から望む神社山の緑

2階の窓から望む神社山の緑。

秋が深まり、神社山の紅葉の彩りも鮮やか。
北側を向いた窓なので、南からの日差しを受ける山が明るく色鮮やかに見えるのです。

神社山の紅葉の彩りを切り取る窓
窓から望む新雪が積もった神社山

この新雪が積もった、クールで静かな美しさの冬景色もよいです。
モノトーンで簡素な室内が同調している。



庭に面した連続窓と赤レンガの外壁と庭の緑

円山と裏山が映る庭に面した連続窓。赤レンガ積みの外壁と庭の緑のコントラスト。

庭越しに眺める家。春から秋は庭の緑に囲まれます。

庭の緑越しに望む家
白花と草葉の緑と赤レンガの家

初夏に咲くヤマボウシとミツバの白い花と草葉の緑と赤レンガ積みと黒い板張り。

初秋はムクゲ(木槿)花に彩られる、赤レンガ積みと黒い板張りの家。

ムクゲの花と赤レンガと黒い板張りの家
ヤマブキの黄葉と赤レンガの外壁

晩秋はヤマブキの黄葉と赤レンガの色鮮やかな景色。

初冬の雪は、赤レンガと板張りの墨色が温かく見えます。

雪が積もる中に建つ赤レンガ積みと墨色の板張りの家

真冬にはこの辺りに積もる雪の多さで、家の半分程も埋もれたように見えることもあります。

積もる雪と白いレンガの壁1

積もる雪と白いレンガの壁の連続性。
赤レンガを積んで、表面に厚く漆喰を塗り、「白いレンガの壁」にしています。

積もる雪と白いレンガの壁2