家と草木のアトリエhausgras

デンマークのヴィンテージ家具のあるリビングダイニング

「 円山と神社山を望む家 」の2階から

円山と神社山を望む家
ー 2階木造LDK ー

円山の西にある山合いの静かな住宅地に建てた、家と草木のアトリエ hausgrasの事務所兼自宅。
1階は鉄筋コンクリート造、2階は木造の混構造。片流れ屋根形が2階の勾配天井で表れています。
漆喰塗りと北海道産トドマツの無垢材をふんだんに使った2階のL型のリビングダイニングからは、
東に円山を北に神社山を間近に望め、四季折々の変化を感じながら静かな暮らしを営んでいます。


この家の2階は、柱と梁に仕口や継手を設けて組んで架構とする軸組工法(在来工法)の木構造(木造)です。
柱と梁をはじめ、床板・天井板・外壁板・屋根廻り材・下地の羽柄材(はがらざい)も全てトドマツの無垢材で、
北見市近くの留辺蘂(るべしべ)の製材所から来ました。北海道産の木材を使って、できる限り地産地消の家に。
床板のトドマツ無垢材は、厚さ4.5センチ幅21センチ長さ12尺(3.64メートル)に製材所で帯鋸挽きしてもらい、
人工乾燥(KD KilnDry キルンドライ 機械窯乾燥)をせず、ザラっとした表面の挽きっ放しのまま張りました。
冬は温水セントラルヒーティングで全室暖房すると室内は過度に乾燥し、使用木材の収縮変形が大きくなります。
それを最小限に抑えるための人工乾燥ですが、天然材(自然乾燥材)を使うと実際どの程度になるのか知りたい。
世間や業界で常識と思われている事々が、本当にそうなのか、必要なことなのか、いちいち確かめたくなります。
10年経った床板は約10パーセント縮み、反りが出て、帯鋸挽きの跡もあり、木材然とした風合いを醸している。
足触りはよくないので、素足で歩く床としては人に勧められませんが、木へのおおらかな気持ちは育めそうです。
また、このトドマツの床板にはオスモ(オイルステイン)の墨黒色を塗っていて、壁の漆喰の白と相性がよく、
黒い床板が余計な光を吸収し抑え、壁の漆喰は光を程よく乱反射させ、繊細で優しい明るさと陰影のある室内に。

ダイニングテーブルと窓

デンマークのヴィンテージチェアと自作のラワン合板テーブルのダイニング。
コーナーキャビネットもデンマークの古い家具です。

壁は純白の漆喰塗り。
艶のないマットで滑らかな仕上がりで、まるで卵の殻のよう。
窓ガラスから入る光を、優しい明るさにしてくれています。

デンマークのヴィンテージ家具のあるダイニング

厚い無垢のトドマツの床板(北海道産材)

床板は北海道産トドマツの無垢板を厚さ4.5センチ幅21センチ長さ12尺に帯鋸挽き製材して、
人工乾燥(KD KilnDry キルンドライ)をせずに、そのまま張りました。
ザラッとした表面に乾燥による反りが出て荒々しいですが、ツルッとして平滑な仕上げより、味わい深くて好み。


排気窓と縦長窓のあるダイニングコーナー

夏場の熱気抜きのため、壁の高い所に排気窓を設けました。鉄製のハシゴを昇って開け閉め。
ダイニングテーブル脇の縦長の窓も通風効率がよいです。

デンマーク スーホルムのテーブルランプ

北欧アンティークのテーブルランプ。

リビングソファのある小さい空間

小さめのリビングスペース。ソファと横長窓が近くて、円山の横たう風景、四季折々の変化が間近に感じられます。

カズタ アキコ がつくったカツラ材とアサダ材と真鍮取手の飾り棚。板の削り出し、真鍮の成型も含めて全て手作り。

小さいリビングソファとシンプルな飾り棚

デンマークのビンテージ家具のあるシックな空間

漆喰の壁と墨色の板張りの天井と床で、程よい明るさに落ち着く室内。
窓からは望める近隣の山々の緑がよく映えて見えます。

モノトーンな空間の窓から眺める樹々の緑

モノトーンな壁・天井・床の室内にあっては、家具の木の色艶、ファブリックの色質感、草木の緑が引き立ちます。

イージーチェア2脚

イージーチェアと窓

樹々の落葉する秋の朝。

北欧ヴィンテージのフロアランプと窓からの冬景色

冬景色の窓と北欧ヴィンテージのフロアランプが灯る温かみのある室内。

ソファの傍にもフロアライト。必要なところに必要なだけの明かりを。
陰影がある空間の方が、より穏やかな気持ちになれる気がします。

ソファとフロアライト

家のキッチンで淹れるハンドドリップコーヒー

コーヒーを淹れる時コーヒーを味わう時は、私たちにとって大切なひとときです。

簡素な食器棚にお気に入りの器を仕舞う。シンプルなもの、素朴なものが好み。

簡素な食器棚