家と草木のアトリエhausgras

焚き火と赤ワインとスキレットの夕暮れ

焚火を眺めながら赤ワインとスキレットで過ごす夕暮れ

焚火とワインとスキレット

とあるキャンプ場での春の夕暮れ時。焚き付けの小枝や松ぼっくりを集め、そして火をつける。
まだ寒さの残る頃、焚火と赤ワインで体の芯から温もり、スキレットで焼かれたものを頬張る。
何も無いようで、たったこれだけで、静かに深く満たされるひとときです。

松ぼっくりを拾う

キャンプ場内に落ちている松ぼっくりを集める。

松ぼっくりは樹脂分が多いので、よい焚き付けになります。

焚火の焚き付けに松ぼっくり


キャンプ場で飲む赤ワイン キャンティクラシコ

キャンプ、焚火の時に飲むのは、トスカーナのキャンティが多い。サンジョベーゼが合うと思う。

黄昏時の山の稜線と樹々とワイングラス。

黄昏時の稜線と樹々とワイングラス


焚火台の焚き火とワインとスキレット

焚き火を眺めながら、小さいスキレットで少しずつ肉を焼いて食べ、赤ワインを飲む。
もちろん、他にも料理をして食べます。

薪と炎

ゆっくりと燃えていく薪と炎をぼんやりと。
薪の燃える香り、爆ぜる音、炎のほの明るさ温かさ。全身で感じる至極シンプルな心地よさです。


志賀直哉の「焚火」の一節を思い出してみる。

Kさんは勢いよく燃え残りの薪(たきぎ)を湖水へ遠く抛(ほお)った。薪は赤い火の粉を散らしながら飛んで行った。それが、水に映って、水の中でも赤い火の粉を散らした薪が飛んで行く。上と下と、同じ弧を描(えが)いて水面で結びつくと同時に、ジュッっと消えて了う。そしてあたりが暗くなる。それが面白かった。皆で抛った。Kさんが後に残ったおき火を櫂(かい)で上手に水を撥(は)ねかして消して了った。

焚火とワイングラス

少しずつ更けていく、焚火のある夜。
何か、失いかけていた感覚を取り戻せるような気がします。