家と草木のアトリエhausgras

釧路川源流部の流れと河畔の樹々の新葉

釧路川源流部の流れと河畔の樹々の新葉が眩しい

春の釧路川源流部にてカヌー

春の釧路川源流部は、樹々の葉がまだ茂る前で陽射しがよく当たって明るく、流れる水の透明度も高い。
早朝に屈斜路湖畔から漕ぎ出し、鳥のさえずりを聞きながら、この清々しい風景と空気に触れられながら。
ゆったりとした流れと時間の中、全身で釧路川に浸かってきたような満足感を覚えました。

バイカモやコケが萌える春の湧水地「鏡の間」
いつもはコーヒーブレイクスポットの鏡の間でもこの日は軽い朝食を
川辺でキラキラと光る丸葉に近づいてみるとカツラの新葉でした
少し流れ下るとヨシアシの立ち枯れちらほらと
タンチョウはこんなところからひょこりと姿を見せます

アイヌの言葉で「サロルンカムイ」(葦原に居る神)ですから