家と草木のアトリエhausgras

札幌し中央区の原始の森に佇む家の2階ウッドデッキ

「 原始の森に佇む家 」の2階ウッドデッキ

原始の森に佇む家
ー 札幌市中央区の野生味ある自然と暮らす ー

札幌市中央区の住宅地であることが信じられないくらいの野生味ある森と沢につながっている土地に建っている家です。
樹齢100年を超えるだろうニレとコブシの大樹や、ミズナラ・イタヤカエデ・ミズキなど原生種の樹々が生い茂っている。
春は水々しい新緑、夏は鬱蒼とした濃い緑が涼しさうみ、秋は黄葉紅葉が楽しめ、冬は雪積もり一面真っ白の静かな森に。
2階に配したLDKと森に向かって跳ね出したウッドデッキから、日々移ろうこの森を間近に暮らし自然への感性は高まる。


ミズナラ・イタヤカエデ・ミズキの樹々をまとう札幌の森の家

いずれも北海道札幌の原生樹種ミズナラ・イタヤカエデ・ミズキの葉をまとう家。

2階ウッドデッキと樹々が近い札幌の森の家

2階に設けたウッドデッキは樹々の葉に触れることができる近さです。

2階ウッドデッキから木々の葉に手が届く札幌の森の家

200万人が暮らす大都市札幌の中央区とは思えない、原生のままの地形と植生が残った森。
そんなプリミティブな森の端に佇む家です。

窓ガラスいっぱいの樹々の緑 札幌市の森の家

室内から見ると、こんな風に窓ガラスいっぱい樹々の葉の緑に満たされるのです。

木製窓のガラスが樹々の緑で満たされる 札幌市の森の家のキッチンから

札幌の森の家のキッチンからウッドデッキに佇む建主を見る