家と草木のアトリエhausgras

札幌 円山の家から

「札幌 円山の家から」という、家と草木のアトリエ hausgras(ハウスグラス)のブログです。
家づくり・ガーデニング・インテリア・うつわ・キャンプ・カヌー・スキーのことなど気ままに。
今ある仕事・日々の暮らしで感じること思うことの一片が、新たな家づくり庭づくりの素になる。

田園の家の暮らしが始まる

2019年7月20日


新居での暮らしが始まり数週間経った、倶知安の田園の家を訪ねました。
あいにく雲っていたので、窓から見える羊蹄山やニセコアンヌプリの画はお預けに。

レンガ敷きの玄関ポーチ 黒い墨色の板張り外壁の家 農家の家

オーナーご夫妻によるセルフビルドのレンガ敷きも完成していました。

黒色墨色の板壁やモルタル・砕石に囲まれて、レンガの赤が活きています。
セルフビルドならではの味わいも、やっぱりよい感じ。

レンガ敷きの玄関

杉の家 杉板張りの天井杉板張りの床杉の柱と梁のダイニングキッチン

この家は、北海道の道南地方で育った杉を、至る所に使いました。
柱と梁は杉の無垢材。床板と天井板も杉の無垢材。

室内は無塗装で木地のままなので、素朴な明るさと色合い、そして杉独特の優しい香りに満ちています。
(床板のみオスモ エキストラクリヤー塗り)

外壁に張った墨黒色の杉板のシブさと、室内の健康的な木地色の明るさのギャップが、この家の魅力のひとつ。


キッチンのラタン籠ラタン収納ボックス

キッチン周りのアイテムは、自然素材や手作りのモノばかりで馴染みがよいです。
ラタン(藤蔓)の収納ボックスや椹(さわら)に銅輪のおひつや鉄瓶など。

道南杉の家の2階吹き抜けからダイニングをみる

2階フリールームの吹き抜けから見るダイニングの雰囲気。


また、2階個室の壁に設けた小窓からダイニングを見下ろしてみる。

杉の家の2階の小窓からダイニングを見る

このガラス小窓は追加して本当によかったと思えます。
閉じていても開いても、家族の存在を感じることができて、この家の親密感を象徴するガラス小窓。


杉の家の猫

2匹の猫たちも、この新しい家に違和感を感じることなく馴染んでくれた模様。
私に対しては、相変わらず警戒していますが。

杉の家のソファで猫と戯れる 農家の家


関東の実家へ帰省された際に買い付けたという、デンマークのビンテージのダイニング家具。
一見は小振りなスクエアテーブルですが、エクステンションで10人掛けのロングテーブルになるタイプで、
新居のお披露目会の時には大活躍したそうです。

デンマークのヴィンテージ家具チークのダイニングテーブルとダイニングチェア マスタード色のシート

チークの色が綺麗に出ていて、青いガラスの器もよく映える。
ダイニングチェアのシートのマスタード色もなかなか素敵です。

これからソファも新調するようです。

インテリアを少しずつ加えていく楽しみ、季節が巡っていくのを眺める楽しみ。
そして、年月が過ぎて自然に深まっていく味わいを、是非楽しんでください。