仕事の流れ  設計監理料  工務店の選択  土地探しのお手伝い  住宅ローンのお手伝い

 

 

 

 

 

          設計監理料

 

 

設計監理料は税込み工事金額の10%としています。

 

ただし、工事金額が2000万円未満の場合は、

工事金額に関わらず設計監理料は200万円(消費税別)とさせていただきます。

 

 

設計監理料に含まれる仕事の内容は、

 

○ 建主さまとプランについて打ち合わせ

○ 建設予定地の調査(地盤調査費は別途)

○ ラフスケッチで間取り、断面構成、工法の提案と説明

○ イメージスケッチ、イメージ模型の制作

○ 工事見積用図面の作成

○ 工事見積書の内容精査

○ 工事実施図面の作成(意匠図、構造図、設備図)

○ 建築確認申請/建築完了検査の事務手続き(検査機関に支払う手数料は別途)

○ 着工後は現場の工事監理

○ 工事施工者との打ち合わせ

○ 工事現場にて建主さまと打ち合わせ

○ 工事完了時に精算の内容精査

 

※ 建築確認検査機関に支払う「確認申請手数料」「完了検査手数料」は建主さまのご負担です。

※ 構造計算が必要な物件の場合は、構造計算費用を別途申し受けさせていただきます。

※ 長期優良住宅、フラット35Sなどの認定審査用の書類作成手数料は別途申し受けさせていただきます。

 

設計監理の契約は工事請負契約をする時期と同じことが多いですが、

プランがなかなか決まらず何ヶ月もかかる場合は、

早い時期に設計監理契約をさせていただき、

契約金(着手金)を申し受けさせていただくことがあります。

 

 

 

fix