家のこと  家との関わり  ひっそりと隠れて  気づきやすい場  変わらない価値  身近にあるもの  

 

ローコストと省エネ  気密と断熱と通気  間取りと上下のつながり

 

空気の流れ  換気の考え  暖房について  窓のこと  窓の性能  木のこと  漆喰の壁  

 

庭に植える草木  ハーブを育てる  土のこと  庭から広がる

 

 

 

 

          ハーブを育てる

 

 

私の庭で育てているハーブは、

タイム、オレガノ、セージ、ディル、カモミール、ワイルドストロベリーなど10種類以上あります。

ハーブの葉は料理の香りづけ、ハーブティー、ハーブ風呂などいろいろな用途で、

庭から手軽に摘みたてを使えるので、生き生きとした香りを4〜5ヶ月間も楽しむことができます。

 

ハーブは陽射しが強く乾燥したところでもよく育ち、病害虫もつきにくいので、

草木を育てるのが初めての方にも比較的育てやすくおすすめできます。

要点は2つ。

土は栄養分が少なくてよいのですが、バーク堆肥などを多めにすき込んで水ハケをよくすること。

中性〜アルカリ性の土が適しているハーブが多いので、植える前に石灰等でpH調整すること。

 

冬はいくつかの株を素焼きの鉢に移して、観賞用に室内で育てているのですが、

室内の過度の乾燥はハーブの様子や素焼きの鉢の乾き具合で気づくことがあります。

 

緑が少ない冬の間も小さなハーブがいくつかあるだけで気持ちが和みます。

 

ハーブ01

 

 

 

fix