家のこと  家との関わり  ひっそりと隠れて  気づきやすい場  変わらない価値  身近にあるもの  

 

ローコストと省エネ  気密と断熱と通気  間取りと上下のつながり

 

空気の流れ  換気の考え  暖房について  窓のこと  窓の性能  木のこと  漆喰の壁  

 

庭に植える草木  ハーブを育てる  土のこと  庭から広がる

 

 

 

 

          暖房について

 

 

札幌は真冬になると外の気温が−10℃まで下がる日が少なくありませんが、

そんな寒い日も室温制御の温水セントラルヒーティングをしているので、室内の温度はどこでも+20℃で一定です。

温度については申し分なくよいのですが、その一方、

−10℃の空気が+20℃まで上がると空気の相対湿度が下がってとても乾燥してしまいます。

過度の空気の乾燥は不快なだけでなく、風邪も引きやすくなりますし、

木の縮み、反り、割れもなど動きが大きくなってしまうので、好ましい室内環境ではありません。

室内の空気を過度に乾燥させないためには、

室内の温度をなるべく上げず(16℃〜18℃)、それでいて寒く感じさせない工夫をする必要があります。

「寒く感じるところをなくす」ことができれば、16℃〜18℃でも意外と大丈夫です。

それに室内の設定温度を下げられれば、その分消費するエネルギーを減らせるのも大きなメリット。

 

私が取り入れている温水セントラルヒーティングの方法は、

北海道と気候が近い、デンマークやフィンランド、スウェーデンなど北欧で練られて完成されました。

家中に温水が流れる配管を巡らせ、寒いと感じるところに放熱器で必要なだけ熱を補うというとても合理的な考え方。

 

まず、家のなかで寒く感じるのは窓の前に居るときです。

窓ガラスは外の冷たい空気でいつも冷やされているので、

窓の前で人は体温を奪われてゾクゾクした寒さを感じ、

窓ガラスが室内の空気を冷やして発生する冷気流が床の上を流れると、足元がスースーした寒さを感じます。

そこで、窓の下に窓の大きさに合わせた温水パネルヒーター(放熱器)を取り付けると、

奪われた体温はパネルヒーターからの輻射熱で補われるので寒む気はおさまり、

冷気流はパネルヒーターからの暖気流で相殺されるので、床の上を流れることはなくなります。

 

それから、家の外周部分も熱が逃げやすいので、温水配管を床下の外周に一周させて熱を補うようにしています。

 

パネルヒーターの役割01

 

 

パネルヒーターの役割02

 

 

 

パネルヒーター01

 

 

 

fix