家のこと  家との関わり  ひっそりと隠れて  気づきやすい場  変わらない価値  身近にあるもの  

 

ローコストと省エネ  気密と断熱と通気  間取りと上下のつながり

 

空気の流れ  換気の考え  暖房について  窓のこと  窓の性能  木のこと  漆喰の壁  

 

庭に植える草木  ハーブを育てる  土のこと  庭から広がる

 

 

 

 

          空気の流れ

 

 

「室内の空気がどうあるのか」は家の質に関わるとても大切な要素です。

理想は「淀むことなく気流感もなく、ゆっくりとスムーズに流れていく」こと。

夏と冬でそれぞれ異なる空気の動きをイメージしながら、

断面構成、間取り、換気の計画、暖房の計画、通風と換気を考慮した窓のサイズと配置など、

空気の動きに関わることを全体的に検討して練りあげます。

 

夏は窓を開けて通風することになるので、風が通り抜けやすいように窓を配置することは大前提。

家の最も高いところに室内の熱気を出すための排気窓があるととても有効で、

さらに必要がある場所には、通風効果がより高い「縦長の窓」をつけるようにしています。

 

冬は室内に温度差による自然な空気の流れができるので、それを意識して家全体で考えると無駄がありません。

各部屋の低いところに給気のスリットをつけ、高いところに排気口をつけることで空気の流れ路をつくり、

階段や吹き抜けを経由して、最終的には最上階の高い位置にある24時間排気ファンから排気するようにしています。

 

縦長の窓01

 

 

fix