温水セントラルヒーティングのこと  床暖房の場合

 

すだれ よしず ブラインド  木にオスモを塗る  キッチンのこと

 

北海道の木 「トドマツとカラマツ」  北海道の木 「下川町の木材循環」   北海道の木 「十勝のカラマツ」 

 

赤レンガを積む敷く  レンガの白い壁

 

 

 

 

          北海道の木 「下川町の木材循環」

 

 

北海道上川郡「下川町」は、

全面積が64,420ヘクタールで、そのうち約90%の面積を森林が占めるまさに森林の町。

(札幌市の全面積の約半分=下川町の森林面積)

このうち町有林経営面積の4,205ヘクタールを、毎年50ヘクタールの植樹造林して60年後に伐倒する、

つまり、50ヘクタール × 60ヶ所 = 3,000ヘクタールで1つのサイクルとなる営みを延々と続けていく、

「循環型森林経営」を掲げている町です。

 

hausgrasが下川町を視察に訪れた5月上旬、

下川町を流れるサンル川の上流にあるサンル地区というエリアで、

植林されてから20年経ったカラマツとトドマツ、それから自然に生長したシラカバが除間伐の現場にて。

 

除間伐01

 

林道の脇には除伐・間伐されたカラマツとトドマツの丸太が積み上げられていました。

長い丸太をつかんで並べているは、丸太の枝払いと玉切り(長さ切り)も出来る「プロセッサ」という林業用重機。

北海道の林業も北欧・北米・オーストラリアに倣って林業の機械化が進んでいます。

 

海外の安い木材が大量に日本に入ってきている現状では、高い日本の木材はなかなか売れません。

このままでは日本の林業と森林は増々荒廃してしまいますから、

国内の林業・製材業を合理化して、木材生産のコストを下げる努力をする必要があるのです。

 

除間伐04

 

森の中で伐り倒された長い丸太は林道脇に設けられた土場(広場)に集められた後、

重機と人とが分業して、樹種や分けと等級に付け、2間(約3.6メートル)の長さに切り揃えられていきます。

 

この現場では若い方々も幾人か作業されていました。

聞くところによると下川町には、Uターンで戻った人ばかりではなく、

下川町の林業に対する取り組みに共感してIターンする若い人も少なくないそうです。

 

除間伐05

 

機械化が進んでいるといえ、やはり人の力も大いに必要な林業。

下川町の循環型森林経営は、この地域の林業が将来も続いていくことを明示し、

林業に従事する方々に大きな安心感と遣り甲斐をもたらしているようです。

 

こんな風景を見ていると、

商社が営利目的で輸入する安い外国産木材を使うよりも、

より身近な地域の人たちの暮らしや仕事に繋がるような選択をしたいと思うのです。

 

 

除間伐02

 

この白っぽい木口(切り口)の丸太はトドマツ。

丸太の直径でそれぞれ「20〜28」まで番付けされ、良材として建築用の間柱、貫、板などに加工されます。

 

一方、この赤味を帯びた木口の丸太はカラマツ。

直径が細すぎたり、曲がっていたり、中が腐っている丸太はウッドチップ用材としてひとまとめに。

 

除間伐03

 

 

 

 

除間伐06

 

未だ除間伐が為されていないカラマツの植林地は薮のよう。

 

ひとたび除間伐されると植林地は見違えます。

 

除間伐07

 

 

そして40〜50年経った植林地は、森然とした空気をたたえるようになるのです。

 

除間伐08

 

 

こうして育てられたトドマツやカラマツは、

下川町森林組合などの木材加工工場に運ばれ、大径木は無垢板や集成材として製材加工されます。

 

下川町森林組合01

 

下川町森林組合02

 

左がトドマツ集成材の厚さ30ミリ板。右がカラマツ無垢板の本サネ加工品。

 

製材加工で出た「オガくず」は集塵機で集めて工場敷地内の別の場所に送られ、オガくずの「くん炭」が作られます。

この下川町森林組合製の「くん炭」は「しもかわ炭素」という製品名で流通していて、

耕作土に混ぜて使うと、ミネラルが豊富になるうえ、土の通気性や透水性が改善される農業資材として好評のようです。

 

下川町森林組合03

 

 

下川町森林組合04

 

また、オガくずより細かいオガ粉は、

「ペレット」より大きい円形木質燃料の「プリケット」に成形固化し、

下川町内にある「木質バイオマスボイラー」の燃料として使われ、暖房用温水の熱源となっています。

 

下川町森林組合05

 

他にも道端や空き地に繁る「イタドリ」や川辺の「ヤナギ」などの生長量の多い植物を刈り取って、

植物燃料「バイオコークス」の開発、実践の取り組みもされています。

 

下川町はバイオマスエネルギーの利用を推進していて、

2011年度現在、下川町公共施設の暖房のうち50%をバイオマス燃料でまかなっているそうです。

 

 

下川町森林組合10

 

大径木に育つ前に除間伐されたの小径木は「松炭」にされます。

 

下川町森林組合には、耐火煉瓦積みとセラミックで厚塗りされた炭焼き窯が2基あり。

 

下川町森林組合07

 

 

下川町森林組合06

 

松炭の特徴は火付きがよくて、すぐに高温が得られこと。そして灰が少ない。

 

松炭を作る課程で抽出された「木酢液」を使って、カラマツ平角材を木酢液漬けにします。

 

下川町森林組合08

 

木酢液漬けされたカラマツ材は、

これまた炭焼きで発生する燻煙を集めて燻煙窯に入れられて「カラマツ燻煙枕木」が作られる。

 

炭焼きすることでできる「木酢液」や「燻煙」を無駄なく利用して、

付加価値に高い木材製品を生み出しているのです。

 

下川町森林組合09

 

 

下川町の実践していることは、ひと昔前の日本にはどこでもあった、

自然の循環に足並みを揃えた人と里山・山林の様子を見るようでもあります。

でもまた、普遍的な地域の木材循環の中で得られるものを、

今の需要に見合うものとして再発見し付加価値としていく、新しい試みでもあります。

 

地域にあるもの、身近なものの中には、普段は気づかない魅力・価値が存在しています。

じっと見つめて、何かを見出し、そして新しい魅力・価値あるものとして表現させる。

そういう試みの循環の中で暮らす人たちは、地域への愛着と信頼感、安心感にあふれています。

 

それは、北海道で家を建て暮らす建主さんにも、

その家づくりに携わっている私たちにも共通する思いなのです。

 

 

 

fix