温水セントラルヒーティングのこと  床暖房の場合

 

すだれ よしず ブラインド  木にオスモを塗る  キッチンのこと

 

北海道の木 「トドマツとカラマツ」  北海道の木 「下川町の木材循環」   北海道の木 「十勝のカラマツ」  

 

赤レンガを積む敷く  レンガの白い壁

 

 

 

 

          北海道の木 「トドマツとカラマツ」

 

 

本州の家づくりには「スギ」と「ヒノキ」がよく使われていますが、

北海道の家づくりに使われる木は「トドマツ」と「カラマツ」です。

「トドマツ」と「カラマツ」は北海道の寒冷な気候に順応するので、道内各地に植林されてきました。

それらの樹々が生長し、現在、北海道の山々に相当量の蓄材があると言われています。

どちらも家の柱や梁など構造木材として、それから外壁板や天井板や床板、下地材としても使われます。

 

「トドマツ」は、北海道に古来より自生し、平地山地いたるところで普通に見られる針葉樹。

北海道にはトドマツのアイヌ語「フップ」がつく地名が多くあります。

支笏湖から見える「風不死岳」(フップウシダケ)や阿寒湖畔のフップシ岳は、

「フップ ウシ」=「トドマツが多くあるところ」という意味があるそうです。

それから、かつてアイヌの人たちは狩猟や採集の際に使う「クチャ」という仮小屋を、

どこにでもあり冬も葉が枯れないトドマツを使って建てていたようです。

幹枝を骨組みにして、その外側を葉や樹皮で覆った、雨風をしのげるテントのようなもの。

 

トドマツの立ち姿は本州に自生する「モミ」によく似ていて、北海道ではクリスマスツリーの樹としてお馴染み。

冬でもトドマツの葉は蒼々と繁り、雪の降り積もった姿は特に印象的です。

 

トドマツ01

 

トドマツ02

 

 

木材としてのトドマツは、杢目は淡く穏やかで木地色は白っぽく、軽くて柔らか。

そして手で触れるとほんのりと温もりを感じます。これは気のせいではありません。

堅くて重い木より柔らかくて軽い木のほうが「熱伝導率」が低いので、触って冷たく感じないのです。

 

トドマツ03

 

床板は傷つきにくいことが優先され、タモやオークやチークなどの堅い木がよく選ばれますが、

足触りの柔らかさと温かさはトドマツの床板がとてもよいのです。

素足で暮らす日本の床、北海道の床だからこそトドマツの床は活きるのではないでしょうか。

 

そして、柔らかいトドマツ板は早めに風合いが出てくることもよさに挙げられると思います。

角は自然に丸くなり、表面には無数の傷がつきますが、同時にどんどん滑らかさを増しています。

5年が経過したhausgars事務所兼自宅のトドマツの床。

 

トドマツ04

 

 

 

「カラマツ」は信州 長野の軽井沢 八ヶ岳 乗鞍 白馬などの高原避暑地にはシラカバと共に多く自生しています。

私にはそこでの風景の一部として、「カラマツ」が細く真っ直ぐ立ち並んでいる姿、

そして、秋には金色の針のような葉が光ながらハラハラと舞い落ちてくる印象深いシーンが思い出されます。

「カラマツ」は「落葉松」と当て字されることから分かるように、松の仲間では珍しく秋に落葉してしまいます。

 

からまつの林を過ぎて

からまつをしみじみと見き

からまつはさびしかりけり

たびゆくはさびしかりけり

 

どこかでふと「カラマツ」を見留めると、

この北原白秋の「落葉松」の詩を思い浮かべてしまう、侘しさのただよう樹です。

 

カラマツ01

 

 

「カラマツ」は元来、北海道にあった樹ではありません。

北海道の「カラマツ」は、開拓時代に本場 長野県から苗や種子が入手され育てられたものが始まり。

冷涼な気候や痩せ地でもよく生長し、その割に強度が高く耐腐朽性があります。

かつて北海道内にたくさんあった炭坑の坑木や、鉄道の枕木、電柱などに使われる目的で、

戦後、多く植えられるようになりました。

 

杢目は力強く男性的で、木地の色は芯部が赤味をおびています。トドマツと比べるとより堅くて艶っぽい。

カラマツを見える柱や梁に使うと、暮らす人は頼もしい感じがするのではないでしょうか。

 

カラマツ02

 

hausgrasでは、「カラマツ」にもオイルステインを染み込ませて使います。

オイルステインは黒〜濃茶色の半透明タイプを使うことがほとんどなので、

カラマツ本来の赤味と杢目がいい透き加減で出てきます。

月日が経って色褪せてくると、増々よい風合いになるだろうと期待しているところ。

 

カラマツ03

 

 

北海道の木「トドマツ」と「カラマツ」。

hausgrasでは積極的に家づくりの木材として使っています。

 

 

 

fix