三石昆布02

space00三石昆布02s 三石昆布03s 三石昆布04s 三石昆布05s三石昆布00s

 

      「日高三石の昆布」

 

日高三石は良質な昆布がたくさん採れるところ。

毎年7〜9月はこの小石の浜いっぱいに昆布が広がります。

 

水揚げされたばかりの昆布は濃い茶色をしています。

日中いっぱいこの浜で天日干しされ、夕方に回収されるときにはすっかり乾燥して濃い緑色に変わっています。

 

こんなにたくさん昆布が採れる豊かな海ですが、一時期は昆布の生育に影響があるほど荒れていたようです。

襟裳岬(えりもみさき)周辺地域は元々、カシワ、ミズナラ、ハルニレなどの広葉樹原生林だったのですが、

開拓時代に皆伐されてしまったために、むき出した火山灰赤土が強風で舞い「襟裳砂漠」となってしまいました。

しかも火山灰赤土は大量に海にも流れ込み、海藻や魚が生育しにくい状態だったようです。

 

昭和20年代から始まった「襟裳岬緑化事業」は厳しい気候のため、最初なかなか進まなかったそうですが、

浜に打ち上げられる雑海藻「ゴタ」を使った画期的な手法を取り入れてから緑化は順調に進み、

カシワとクロマツの林が再生され、昭和40年頃には魚介類の水揚げ高は急速に伸びたそうです。

 

今、私たちが美味しい日高の海の幸、昆布やシシャモ、サケ、タコなどを食べられるのはこんな努力があってこそ。感謝。

 

 

 

space新冠の馬支笏湖昆布アルテピアッツァ美唄朱鞠内湖レンガ麦畑然別湖野草モエレ沼公園ファーム富田流氷札幌農学校 第2農場円山紅葉落葉